寄稿するには

2006/03/30

 

■寄稿方法について

当Forumは開かれたフォーラムとして、外部からの投稿論文を歓迎します。
論文の範囲は、企業経営とビジネス向けのIT活用に関わるもので、とりわけ中小企業のIT化に資するもの、またはその導入のための方法論について考察されたもの、実例、失敗例を歓迎します。書評なども歓迎します。自社IT商品の説明なども結構ですが、単なる商品説明で終わらないようにご注意願います。掲載の判断は、当Forumの規約に基づいて行われます。
また、寄稿いただくと共に当Forumへの入会をお願いいたします。書式については、テキスト文や簡単なHTMLタグで装飾されているものを歓迎します。(パワーポイント等は載せにくいので)

■ITC知識ポイント獲得のための論文発表について

ITコーディネータ協会の知識ポイント獲得のガイドラインの中に、研究論文執筆に関するものがあります。(参照)「ITC専門知識に関する原稿発表及び学会発表及び書籍の執筆」という長いタイトルがついていますが、以下の条件を備えていれば、形式的にはパスするようです。

  1. 企業・団体が顧客向けに提供するホームページ・メールマガジン であること
  2. 2000文字以上であること
  3. 執筆者の氏名、ITコーディネータ(補)資格をもつことが明記されていること
  4. 執筆者の氏名、ITコーディネータ(補)資格をもつことが明記されていること
  5. 著作物は社会的に認知されたレベルのものであること

現時点(2006年3月)では、既に長文の投稿1件がポイントとして通過しており、さらに数件の投稿が寄せられています。
このポイント獲得制度はセミナーや勉強会のように時間や場所の制約がありませんので、地方在住で勉強会やセミナーに出ることができない方には是非活用していただきたい制度です。MAIDO Forumの会員であれば誰でも本ホームページに投稿することが可能です。会費は無料、顔をあわさないネット上だけの会員も多数存在します。
セミナーは時間が合わないし、事例発表もできない、だけどいろいろ発表したいことはあるという方は、入会方法のページをごらんいただき、入会されることをお勧めします。

2004年8月13日 MAIDO Forum世話人会(最終更新日2006年3月30日)




    This page is powered by Blogger. Isn't yours?