MAIDO-Forumとは

2004/08/13

 

MAIDO-Forumは、経営とITの橋渡しにプラスとなるような活動を展開してゆこうと考えている有志の集まりです。そして以下のような人々に役に立ってもらうことを目指しています。

  1. IT化を推進しようと考えている中小企業の担当者や企業トップ
  2. 中小企業をお客様に持つITベンダーやSIer
  3. 中小企業をお客様に持つ経営コンサルタント
  4. ITコーディネータ

経営とITの橋渡しという分野においては、すでに大きな団体としてITコーディネータ協会があり、様々な有益な活動を展開しています。たとえばITコーディネータ協会が提唱しているプロセスガイドライン(2004年8月現在ベータ版)は、経営とITの橋渡し役として客観性を重視したコーディネートプロセスとして大変有用なものです。
しかしこれはあくまで一般論としての雛形であり、実際に活用するためには、IT化する対象組織(企業、地方公共団体、病院、独立行政法人、学校、その他様々な組織)の業種、業態、規模、成熟度、目的などにより、各々フィットした実施プロセスを組み立ててゆかなければなりません。
たとえば、JAVAやその他オブジェクト指向言語による開発を考えた場合、データフローダイヤグラム(DFD)よりもユースケースやUMLの整備が重要視されます。また、戦略策定面においても対象組織のIT化に対する成熟度等を考慮した様々なアプローチが考えられます。
MAIDO-Forumでは、プロセスガイドラインを参考にしつつも、もっと様々な形の方法論の検討や、新しい開発スタイルを取り入れた「派生」プロセスガイドラインを検討し、可能な限り実際の業務の中で検証してゆこうと考えています。
従って、MAIDO-Forumでは、ITコーディネート活動に使える各種テンプレートや「派生」プロセスガイドラインのような知識の集成物や、実業務の中で獲得した様々なノウハウや課題の共有化を目指しています。また、(大阪近辺が中心ですが)定期的に勉強会を開催してメンバー同士で刺激を与え合っています。
2004年8月13日 MAIDO Forum世話人会




This page is powered by Blogger. Isn't yours?