まいど!駅前IT相談所です!
まいど!駅前IT相談所です!
  11月24日(土)に“まいどフォーラム実践セミナー”が開かれます。
→詳しくはこちら
 
 

MAIDOの投稿論文コーナーに、下期のセミナーのお知らせが掲載されています。(10/09)

   
まいど!駅前IT相談所です!

“経営に活かせるIT”
“ITを活かした経営”
“経営とITの橋渡し”
──を、考えるサイト

  論文・コラム
 
  活動報告
 
  ITCウラばなし
 
 
どんまい経営
  異業種交流
 
  人材育成
 
  資金調達
 
  導入プロセス
 
  実行メソッド
 
  活用事例
 
ただいまメンバー募集中!

ITを活用すると経営が変わります。経営の効率が良くなって経営が楽しくなります。ITは経営に活かされてこそ、利益を生み、その真価を発揮します。ITと経営をもっともっと近づけるお仕事をする人たち、それがITコーディネータです。  
 



 
 
  経済産業省の「平成17年度IT活用型経営革新モデル事業」として株式会社入船さんの「ASPとPDAを活用したPoint Of Order(発注点管理)システムの構築」への取り組みが採択されました。(2005,07) ★レポート>>
 
  MAIDOメンバーの太田垣さんが、あの「DIME」に登場しました!(掲載号の詳細はこちら)カバンの達人としてのもうひとつの顔を垣間見せてます。(2005,03) ★記事>>
 
  「経営とITの融合──全国5,000人のプロフェッショナルが経営の価値を高める!」をテーマとしてITC Conference 2004が開催され、MAIDOメンバーの太田垣さんが講演されました。テーマとして取り上げられたのは神戸商事株式会社の成功事例で、同社の飯田禎一氏(代表取締役)が太田垣さんとともに登壇されました。(2004,08) ★レポート>>
 
  私募債で7500万円を調達して新店舗をオープンしたレーブ・ドゥ・シェフさんが神戸新聞のニュースになりました。 「北六甲店」は売上絶好調です。オレンジ基調の店舗デザインはとってもおしゃれです。(2004,03) ★記事とミニ・レポート>>
 
  中小企業のIT入門マガジン「COMPASS」で「神戸駅前ASP大学」(当サイトの前身)が紹介されました。 コミュニティ・クレジット(CC)の成果として生まれた基幹業務ASPが取りあげられています。 CCで1000万円を調達してこのシステムを開発したエムトーン、 その導入事例としてタカラ産業、 お手伝いしていただいたITコーディネータとしてMAIDOフォーラムの杉村さん、太田垣さんのお二人が、 それぞれカラー写真入りで紹介されています。(2004,02) ★記事>>
 
  新年早々、元旦の神戸新聞でコミュニティ・クレジットの成果が取りあげられました。(2004,01,01) ★記事>>
 
  神戸新聞でJTF社長の宮下が語っています。ほんの一言ですけど。(2003,12,23) ★記事>>
 
企業再生に関する立川先生のインタビュー記事が神戸新聞に紹介されました。(2003,12,21) ★記事>>
コミュニティ・クレジットが成功裏に終了しました。コミュニティ企業6社が借り入れていた1億円は滞りなく全額返済されました。中小企業の資金調達のあり方に一石を投ずる本邦初の画期的な試みが成功したのです。めでたしめでたし。(2003,12) ★日本政策投資銀行によるコミュニティ・クレジットの解説>>
事業再生のプロを養成する目的で事業再生支援協会(SRC)が設立されました。 日本トラストファンドのコーディネートによって誕生した全国組織です。このニュースが、5月9日の産経新聞、5月10日の神戸新聞、5月27日の朝日新聞で、連発で紹介されました。 日本トラストファンドでは、地元・神戸の税理士さんを中心に事業再生コンサルタント養成講座も開催しています。 (2003,05) ★記事>>
レーブドゥシェフさんが、 コミュニティを中心としたメンバーを対象に私募債を発行。 当初の計画どおり7350万円を調達することに成功しました。 ひとくち150万円ずつ49人からで合計7350万円。 少人数私募債は、われわれが駅前大学でずっと勉強してきた “直接金融”のひとつなので、 このビッグなトピックには多くの経営者が励まされました。 (2003,04)
神戸〜姫路エリアの仕事探しを応援する求人誌「アルパ」で、3回に渡って鍵庄さんが紹介されました。 「注目の元気企業」というシリーズです。(2003,04) ★記事(3回のうちの1回)>>
NHK総合の「かんさいニュース1番」で2日間にわたってコミュニティ・クレジットの活用状況が紹介され、 おもにレーヴドゥシェフさんの取り組みがオンエアされました。 (2003,03,26〜27)
神戸駅前大学を尼崎で開講するという新たな試みが神戸新聞で紹介されました。 (2003,01,30) ★記事>>
産経新聞で最近のコミュニティ・クレジットの活用実績が紹介されました。 図解入りなので、コミュニティ・クレジットのしくみを復習するにはピッタリです。 (2003,01,25) ★記事>>
ネットベンチャー専門のニュースメディアとして知る人ぞ知る “Venture NOW”(ベンチャーナウ)で、 コミュニティ・クレジットの活用事例「ピーポス」が紹介されました。 掲載日のトップ記事にしていただけましたし、ASPというキーワードもしっかり入っているので喜んでます。 (2003,01,22) ★記事>>
阪神大震災から8年となる1月17日の神戸新聞で、 コミュニティ・クレジットの活用事例として「PPOSS(ピーポス)」が紹介されました。 「ピーポス」は 株式会社イーエスプランニング株式会社エムトーン が共同で開発したASPによる駐車場管理システムで、 その研究開発費にはエムトーンがコミュニティ・クレジットで調達した資金が充てられました。 (2003,01,17) ★記事>>
神戸新聞で、オフィスビギンの柳本周介さんが紹介されました。柳本さんは日本トラストファンドの執行役員です (2002,12,10) ★記事>>
株式会社イーエスプランニング の新しい駐車場管理システム「PPOSS(ピーポス)」が産経新聞で紹介されました。 同社社長の藤岡さんは日本トラストファンドの取締役です。 「ピーポス」はASPですし、コミュニティ・クレジットの活用事例すから、このサイトに大いに関係あります(2002,11,27) ★記事>>
有限会社オフィスマーメイド の谷口享子さんが「月刊神戸っ子」で紹介されました。谷口さんは「雑学の会」のメンバーです(2002,10)  ★記事>>
神戸駅前大学の学長・立川先生をモデルにしたテレビ・ドラマ「裁きの銀」が放送されました(2002,10,12)  ★紹介記事>>
神戸新聞で、レーブドゥシェフの佐野社長が紹介されました。 佐野社長は神戸駅前大学の校長で、日本トラストファンドの取締役です(2002,06,22)  ★記事>>
日刊工業新聞でコミュニティ・クレジットが「地域協調で資金支援」の見出しで大きく紹介されました(2002,06,19)
日本政策投資銀行の会社案内で「地域開発金融の新たな手法」としてコミュニティ・クレジットが紹介されました(2002,06)
「日経地域情報」に「芽を出す新資金調達方法」の見出しでコミュニティ・クレジットが取り上げられました。(2002,06,03)
「日経ベンチャー」で神戸駅前大学の少人数私募債発行への取り組みが紹介されました(2002,05,01)





 
 



Copyright(C) 2005
経営情報化推進(MAIDO)フォーラム & 日本トラストファンド株式会社